明石市ナンバーの原付バイクを明石市役所で廃車手続する方法

投稿者

明石市ナンバーの原付バイク(50cc~125cc)の廃車手続の方法

  • 明石市で登録した原付バイクのナンバープレートを明石市役所で廃車手続する流れを説明いたします。
  • 初めての方でもこの手順の沿って申請を行って頂ければ思ったよりもずっと簡単廃車手続出来ますので少しでも参考になれば幸いです。

4月1日の登録に対して課税されます。乗らなくなった原付バイクをお持ちの方は3月31日までに廃車手続をお勧めいたします。

持っていくもの

  • ナンバープレート(標識)
  • 印鑑(認印)
  • 申告済書(無くても可)
  • 身分証明証(免許証、健康保険証、パスポート)

明石市役所 西庁舎1階 ④市民税課

地図

JR明石駅・山陽電車明石駅からのアクセス

JR明石駅・山陽電車明石駅

 

  • 明石駅から南へ徒歩約13分で市役所に到着です。
  • バスをご利用の方は「東3乗り場」より明石市役所方面行きに乗車し「明石市役所前」で下車します。

明石市役所 駐車場入り口

明石市役所 駐車場入り口

 

明石市役所の駐車場入り口は本庁舎北側、市民会館横になります。

明石市役所駐車場

明石市役所駐車場

 

  • 駐車場利用時間は8時~22時30分までになります。
  • 市役所に用務で来られた方は1時間30分無料で利用できます。
  • 駐車台数は250台ございます。

駐輪場

明石市役所駐輪場

 

 

  • バイクと自転車共用の駐輪場になります。
  • 料金は無料で利用できます。

明石市役所 西庁舎

明石市役所西庁舎入り口

 

 

原付バイクの廃車手続きは「西庁舎」玄関入ってすぐ1階の市民税課になります。

明石市役所 西庁舎 ④市民税課窓口

明石市役所 西庁舎 ④市民税課窓口

 

初めて原付バイクの廃車手続きをされる方は窓口で「原付バイクの廃車」と言えば用紙の記入方法を丁寧に教えていただけます。普段使わない専門的な記述等ございますのでわからない箇所は無理に記入せず窓口担当者に尋ねてみましょう。

明石市役所 軽自動車税廃車申告書兼標識返納書記入例

明石市役所 軽自動車税廃車申告書兼標識返納書記入例
  1.  現在住んでいる登録者本人の住所、氏名、フリガナ、生年月日、電話番号を記入して 認印を押して下さい。
  2. 使用者が登録者と異なる場合のみ記入して登録者が同じなら記入は不要です。
  3. 窓口に届けに来た方の住所、氏名、フリガナ、電話番号を記入して下さい。本人なら住所、氏名、電話番号を記入。窓口に来られた方が登録した本人以外の場合は (本人確認書類)運転免許証、健康保険証、パスポート、その他公の機関が発行した資格証明書などが必要な場合がございます。
  4. 標識番号(ナンバープレート)の番号を記入します。
  5. バイクのメーカー名を記入(ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ、その他)。
  6. 車台番号(フレームナンバー)を記入します。申告済書もしくは自賠責保険証書に記載されています。わからなければ窓口担当の方に聞けば教えてくれます。
  7. 排気量が50ccなら0.05と記入しccにまる、125ccなら0.125と記入しccにまるをします。
  8. ナンバープレートが有れば1に〇、無ければ2に〇を入れて、ナンバープレートが明石市役所に返納できない場合はイ、ロ、ハ、ニ、いずれかに〇を入れて、具体的に理由を書いて下さい。ナンバープレートが盗難された場合は盗難届けを出した日付、届けを出した警察署又は交番、派出所。受理番号を記入して下さい。受理番号はすぐに発行されないケースが殆どなのでそれに代わる用紙を警察からもらえます。(各警察により異なる場合がございます)

自賠責保険の解約方法

  • 自賠責保険の解約又は車両の入れ替えは加入した保険会社、郵便局、JAによって異なります。
  • 自賠責保険証書に書いてある契約係に電話で問い合わせ、場所と持って行く物の確認を取った方が良いでしょう。

 

LINEで送る
Pocket

記事の共有と無料購読のお願い

安次富孝雄

安次富孝雄

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせ頂けましたら嬉しいです。

一人でも多くの人にバイクのノウハウをお届けする事が私の喜びに繋がりますから、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップにも繋がります。

検索エンジンからお越しのお客様で、私のこの顔写真を何度か見かけた方は、当サイトの最新情報がお役に立てるはずです。
Facebookページにいいね!、Twitterアカウントをフォロー、RSSで購読などの方法で最新記事を無料で購読することができます。

RSSで購読

コメントを残す