門真市で登録した原付バイクの廃車手続方法

投稿者

門真市で登録した原付バイク(50cc~125cc)の廃車手続の方法

  • 門真市で登録した原付バイクのナンバープレートの廃車手続の流れを説明いたします。
  • 初めての方でもこの手順の沿って申請を行って頂ければ思ったよりもずっと簡単に廃車手続出来ますので少しでも参考になれば幸いです。

4月1日の登録に対して課税されますので、乗らなくなった原付バイクをお持ちの方は3月31日までに廃車手続をお勧めいたします。

持参するもの

  • ナンバープレート(標識)
  • 印鑑(はんこ)認印で可(シャチハタ不可)
  • 申告済書(無くても可)
  • 身分証明証(免許証、健康保険証、パスポート)

門真市役所  総務部 課税課 税政グループ 別館2階

  • 〒571-8585  大阪府門真市中町1-1
  • 電話番号  06-6902-5874
  • 業務時間:午前9時から午後5時30分まで(土・日曜日・祝日・年末年始を除く)
  • 京阪門真市駅、大阪モノレール門真市駅で下車。1番出口から東へ347M徒歩約7分
  • 総務部 課税課 登録・廃車のページ

門真市市役所のアクセス


大きな地図で見る

京阪電鉄、大阪モノレール門真市駅共通①番出口

京阪電鉄門真市駅出口の写真

エスカレーターを降りて、東へ347メートル徒歩約7分の所にあります。

門真市役所駐車場(無料で利用できます)

門真市役所駐車場

バイク及び自転車の駐輪場

門真市役所の駐輪場の写真

バイクと自転車の置き場所は同じです。隣の車輌と接触しないように注意しましょう。

銀行ATMも有り便利です

門真市役所内の各銀行ATMの写真

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、JAのATMが有りますのでご利用下さい。

別館の建物入り口です

門真市役所正面玄関の画像

門真市役所 総務部 課税課税政グループは入ってすぐ左の階段を上がって2階の正面の4番窓口になります。わからなければ入ってすぐに受付案内がありますので聞いてみると良いでしょう。

門真市廃車申告書兼標識返納書の記入例

門真市役所軽自動車税廃車申告書兼標識返納書記入例
  1. 登録した本人の現在の住所、氏名、生年月日、電話番号を記入して 認印を押して下さい。
  2. 使用者が登録した本人なら同上と記入して認印を押してください。所有者と使用者が別人なら住所、氏名、フリガナ、生年月日を記入して印鑑を押印します。
  3. 窓口に届けに来た方の住所、氏名、フリガナ、電話番号を記入し認印を押して下さい。窓口に来られた方が登録した本人以外の場合は (本人確認書類)運転免許証、健康保険証、パスポート、その他公の機関が発行した資格証明書などが必要です。
  4. ナンバープレートの番号を記入します。
  5. バイクのメーカー名を記入します。(ホンダ、ヤマハ、スズキ、etc)
  6. 車台番号を記入します。申告済書もしくは自賠責保険証書に記載されています。わからなければ市役所の担当の方に聞けば教えてくれます。
  7. 排気量が50ccなら0.05L、125ccなら0.125Lと記入します。
  8. ナンバープレートが盗難に遭ったり、走行中に紛失して門真市役所に返納できない時に記入します。警察に盗難、紛失届けを出した日付、被害に遭った日付、届け出た警察署または交番、受理番号を記入して下さい。(受理番号はすぐに発行されないケースが殆どなのでそれに代わる用紙を警察からもらえます。)
  • 無理に全て記入しようとせず、書き方がわからなければ係りの方に尋ねると良いでしょう。
  • 廃車証はバイクを譲渡する場合や自賠責保険の解約に必要なので無くさないように保管しましょう。万が一紛失しても市役所で再交付出来ます。

自賠責保険の解約方法

自賠責保険の解約又は車両は入れ替えは加入した保険会社、郵便局、JAによって異なりますので自賠責保険証書に書いてある契約係に電話で問い合わせ、場所と持って行く物の確認を取った方が良いでしょう。

 

LINEで送る
Pocket

記事の共有と無料購読のお願い

安次富孝雄

安次富孝雄

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせ頂けましたら嬉しいです。

一人でも多くの人にバイクのノウハウをお届けする事が私の喜びに繋がりますから、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップにも繋がります。

検索エンジンからお越しのお客様で、私のこの顔写真を何度か見かけた方は、当サイトの最新情報がお役に立てるはずです。
Facebookページにいいね!、Twitterアカウントをフォロー、RSSで購読などの方法で最新記事を無料で購読することができます。

RSSで購読

コメントを残す