カワサキ D-TRACKER250/KLX250 キャブ車 エンジンオイル&フィルターの交換方法

投稿者

カワサキD-TRACKER250 KLX250エンジンオイルとフィルターの交換手順

 

カワサキ DーTRACKER250外観

 

  • カワサキD-TRACKER250のエンジンオイル交換とエレメントの交換の流れを説明いたします。(KLX250も共通です)
  • オイルフィルターを交換するときは、必ずオイルフィルターキャップのOリングをバイク屋さんかネット通販で購入しておいて下さい。一度外すと伸びて溝にはまらなくなり、再利用できませんのでご注意下さい!
  • ドレンボルトの締め付け規定トルク(ドレンボルト15n/m)(エレメント6.5n/m)がありますので、初めての方はトルクレンチの使用を推奨いたします。
  • メーカー推奨交換時期はエンジンオイル:1年又は6000km エレメント:18000kmですが2000km~3000kmでオイル交換することをお勧めいたします。
  • 基本的な知識と技術をお持ちの方を対象に記事を書いておりますので自信の無い方はショップでのオイル交換をお勧め致します。
  • この記事は完全ではありませんが、少しでも参考になれば幸いです。

用意するもの

  • エンジンオイル(メーカー推奨はカワサキ純正R4 SJ10W-40)1L缶2本
  • オイルフィルター(D-TRACKER125・250 KLX125.250 SUPER SHERPA KSR110、ELIMINATOR125と共通です)純正品番:52010-1053 ※Oリングは別
  • オイルフィルターキャップのOリング 純正品番:92055-1517
  • 廃オイルパック(廃油処理箱)
  • 8mmと14mmのボックスレンチ
  • トルクレンチ
  • ウエス
  • オイルジョッキ
  • パーツクリーナー
  • ゴム手袋

まずはエンジンを掛けて暖機運転するか走ります

エンジンオイルの温度が上がり排出しやすくなります。

D-TRACKER250エンジンオイルドレンボルトの位置
  • オイルドレンボルトの位置はシフトペダル横下になります。
  • 14mmのボックスレンチを使用して下さい(モンキー、スパナは使用不可)
  • 反時計周りに緩めます

エンジンオイルは熱いのでご注意下さい!

D-TRACKER250エンジンオイル排出
  • エンジンオイルは熱いのでヤケドにご注意下さい。
  • 軍手はオイルが染み込んでヤケドする恐れがあるのでゴム手袋使用しましょう。

オイルフィルターを外します

D-TRACKER250オイルフィルターのボルトを外す

オイルフィルターキャップの8mmのボルト2本を外しカバーを外します。カバーが外れ難い時には、プラスティックハンマー又はドライバーの柄の部分で軽く叩くと取れるでしょう。

オイルフィルターが外れました

D-TRACKER250オイルフィルターが外れて見えました

残っているオイルをウエス等でふき取ります

D-TRACKER250オイルフィルター内の古いオイルをふき取ります

スプリングが爪に引っ付いてますので、取れれば再セットしましょう。

古いオイルフィルターと新しいオイルフィルター

D-TRACKER250の新旧オイルフィルター

 

オイルフィルター(D-TRACKER125・250 KLX125.250 SUPER SHERPA KSR110、ELIMINATOR125と共通です)純正品番:52010-1053

Oリングを新品交換します

D-TRACKER250オイルフィルターOリング新品交換

オイルフィルターキャップのOリング 純正品番:92055-1517

新しいフィルターをセットしてキャップをします

D-TRACKER250オイルフィルターをセット

オイル通路を合わしてして2箇所のボルトを均等に少しずつ締めていきます。トルクレンチを使用される方は締め付けトルク6.5n/mになります。

シーリングワッシャーを新品に交換します

D-TRACKER250シーリングワッシャー新品交換

ドレンボルトのシーリングワッシャーはオイル交換毎に新品に交換しましょう。

ドレンボルトを締めます

D-TRACKER250ドレンボルト締め付けトルク15n/M
  • ドレンボルトは手で回らなくなるまで締めます(初めから工具を使うとねじ山を損傷する恐れがございます)
  • トルクレンチを使用される方は締め付けトルク15n/mなります。
  • ドレンボルトとフィルター付近に付いたオイルをパーツクリーナーで洗浄します

エンジンオイルを注入します

D-TRACKER250エンジンオイル注入
  • オイル量はフィルター交換時1.5Lになります。
  • 1.2L位入れてから一度エンジンを掛けて5分後にゲージを見ながらオイルを補充します。
  • クラッチカバー下のオイル点検窓でオイルレベルを確認しましょう。
  • D-TRACKER250のオイル量は少ないので2000km~3000km毎のオイル交換が望ましいでしょう。

オイルレベル窓で確認しながら少しずつオイルを足していきます

D-TRACKER250オイルレベル
  • 入れ過ぎはエンジンに悪影響を与えるので、必ず少しずつ足して確認してレベルの真ん中くらいにあわせて下さい。
  • エンジンオイル交換&フィルター交換は難しい作業ではありませんが、ドレンボルトを締め過ぎてオイルパンを損傷すると多大な出費が予想されますのでご注意下さい。
  • ドレンボルトやフィルターの締め付けトルクの加減が分かりにくいので、必ずトルクレンチの使用を推奨いたします。
LINEで送る
Pocket

記事の共有と無料購読のお願い

安次富孝雄

安次富孝雄

今回の記事はあなたのお役に立てましたか?

もしお役に立てたのでしたら、TwitterやFacebook等のソーシャルメディアでこの記事を共有して、あなたのお友達にもお知らせ頂けましたら嬉しいです。

一人でも多くの人にバイクのノウハウをお届けする事が私の喜びに繋がりますから、今後、新しい記事を作成して情報を発信する際のモチベーションアップにも繋がります。

検索エンジンからお越しのお客様で、私のこの顔写真を何度か見かけた方は、当サイトの最新情報がお役に立てるはずです。
Facebookページにいいね!、Twitterアカウントをフォロー、RSSで購読などの方法で最新記事を無料で購読することができます。

RSSで購読

コメントを残す